2010年 06月 02日

サムイ事件2010

まだ熱が冷めてない。。。このままではらちがあかないのでBKKへ出発することにしました。

スラタニ行きのフェリーとスラタニ=バンコク間のバスチケットをブッキングしてもらい、バスの荷物入れにバックパックを放り込まれ、フェリーの車庫へそのまま直行。

フェリーでタイ本土へ着き、そのままバスでスラタニへ。

スラタニで新しいバスに乗り換える為、食事タイム。

ふと気付いた、バックパックの形がおかしい、開けてみると荷物のしまった場所が微妙にちがう。
ちゃんと鍵をかけてあるのに。

バックの上蓋に入っていた日本円の入っている封筒を開けてみると、一万円札だけがきれいにない。

盗まれた!!

良く見るとカメラバックの場所も、服の場所も移動している、明らかに物色された形跡があった。
しかし、もうバスも、乗り組みのタイ人もいない。

ツアーの案内人がいたのでその人にその話そすると、
「今から警察が来てくれるから心配するな。ノープロブレム。」
と、初めは頼もしかったのだが、警察は一向に来ない。

何回も尋ねているうちに、バンコク行きのバスが到着。

「保険はいっているか?はいっているならここに電話しろ。」
とツーリストポリスの番号をくれました。

結局自分でしろってことなのかよ!!

熱と怒りでもうヘロヘロです。

何が一番ムカつくかというと同じ上蓋の中に入れておいたダミー一万円札を、丁寧に抜いた一万円札の枚数分、封筒に入れられていた事。あ~~~~~~!!

ちなみにりゅうさんも、先に帰ったむっちゃんもやられていました。
みんな鍵をかけていました。

サムイ=スラタニ間の移動、フェリーを考えている方、くれぐれもご注意を。

b0169123_21252398.jpg

日本産のフェリーの中で盗まれました。それもムカつく。
[PR]

by oceandancer | 2010-06-02 20:57 | 旅遊び


<< ツーリストポリスへの道のり      体調管理 >>