2010年 08月 12日

さらに奥地

ここまで来て、氷山を見らんで帰れるか!!

ということでさらに奥地の民家がある最終地点、キャンジン・ゴンパへ。

泊まるところはお金が無いのでもちろん学校の先生、ソヌのショップで泊まる事に。

なんと3食付きでキャンジンにいる間、ずっと泊まっても問題ないという。、

ありがとうソヌ!来たからには思う存分楽しませてもらいます!


ランタン出発から3時間。高山植物がたくさん咲いているきれいな谷あいをゆっくり歩き、
お昼前にはキャンジンに着いていました。

b0169123_10163567.jpg

標高5000~7000M級のヒマラヤの山に囲まれた村、いかにもパワーが充満してそうな場所。
b0169123_101937100.jpg

b0169123_10203258.jpg
b0169123_10214051.jpg

ソヌのショップ。見てみると本格的なビリヤード台が置いている。
なんとヘリコプターで運んだそうだ。
僕は間違いなく世界広しといえども世界一高いビリヤード屋さんだと思う。
彼の持ちウマはキャンジン・ゴンパまで20分で走るそうだ。ぜひ乗っけてって!

b0169123_10262871.jpg
b0169123_10273618.jpg

b0169123_10283948.jpg

b0169123_10323172.jpg

おしゃれなロッジや小屋がたくさんある。
この谷は欲の無い人の手が細かく入っている、きれいな谷。
「ヤク」と呼ばれる動物をチーズ・ミルク・毛皮を取る目的で放牧している。

夕方、雲が引き、村の全体像が良く見えてきた。
そして、あらためてとんでもない場所にいる事を実感。
b0169123_10344079.jpg
b0169123_10351868.jpg
b0169123_1036078.jpg


只今標高3800M。富士山の山頂と同じくらいの高さです。
[PR]

by oceandancer | 2010-08-12 10:06 | 旅遊び


<< キャンジンは今日も雨だった      ランタン村 >>