SHIP OF FOOLS

kitakyusyu.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 06日

インド人結構いいかも!?

昨日再訪したバラナシGHのヴィシュもそこのスタッフも自分の事を覚えてくれていた。

普段はクールなヴィシュが子供みたいな笑顔でハグして来た。
そして自分のGHが改装中で営業を休止しているから、ゴメン。と申し訳なさそうに言ってくれ、
安く友達のGHを紹介してくれた。

氷水を売ってくれる売店のおっちゃんも、ソナも、一回しか乗ってないリキシャのおっちゃんまで
俺のことを覚えてくれていた。



一度お世話になった人に対しては、懇意に接してくれる。

一度通り過ぎるだけじゃわからない楽しさが、二度目に来たバラナシにはあった。



そんなインド人を見る目が少しずつ変わってきている。


以前は常に浮き足立っていた。
だまされまいと常に緊張していたし、悪い奴との見分けが全くつかなかった。
適正価格になるまで粘って交渉したり大変な思いをする事が多々あった。



今は少しはすがすがしく歩けている気がする。
10ルピー位の交渉もしなくなったし、道案内してくれる人や、
遠くなのに安くでリキシャーを漕いでくれるおっちゃんには、
ありがとうの意味を込めて小額のチップもあげる。



インド人の感覚がなんとなくわかった気がする。

物乞いにお金をあげないとその人は飢えて死んでしまう。
物乞いのカーストがあるので、その人は一生、物乞いとなって生活しなければならない。

そんな人にお金をあげるのかどうかは、自分次第。

インド人はその事を、いい行い(グッドカルマ)と思っている。

お金に対する価値観の違いも受け入れてもいいのではないか?


自分で判断しなければならない事、海外にはそこら中にあります。

自分なりのグッドカルマを増やしていこうと思ってます。
b0169123_18411681.jpg


今日もタブラってます。
[PR]

by oceandancer | 2010-09-06 17:39 | 旅遊び


<< インド民家ステイ      以前と違う!? >>