2012年 08月 23日

愛すべきミロの作品。

さて、気を取り直して。

モンジュイックの丘に建つ、
バルセロナを代表するアーティスト、「ミロ美術館」へ。
b0169123_15474289.jpg

b0169123_15475327.jpg

b0169123_15475573.jpg

b0169123_15475612.jpg

b0169123_15481724.jpg

鉄の錆びや切り株など、自然に造型された物を愛し、
それらから影響を受け、作品を作りまくったミロですが、
若いころはドラッグストアで働き、
親からはサラリーマンになる事を熱望されながらも絵や作品を作り続けた歴史があります。

彼の語った事は、
「人が普遍的であろうとするならば、大地に深く根ざしていなければならない」
と言う事でした。

すごく共感する言葉。

好きな事だけやっていても、
それらに対する成長は望めない。

何かをやり続けることで、人としても成長するのだと僕は思います。

時には嫌なこともある、飽きる事もある。

それらを乗り越えてからこそ、新しい発見が見つかるのだと。

どんどんスタイルが変わっていくのに、子供心を忘れないミロの作品を見ながら、
改めて考えさせられました。
[PR]

by oceandancer | 2012-08-23 15:46 | 旅遊び


<< 初のサッカー観戦。FCバルセロ...      姉さん、事件です。 >>