2013年 08月 13日

二日目、郊外へ。

アンコールチケット二日目。
トゥクトゥクでコンクリート舗装されている道とされていない道をどんどん進む事1時間。

雨ででこぼこの地盤をバウンドしながら走っていると、見渡す限り平原にぽつんと大きな山が。

入り口から登山道へ入り、歩く事1500メートル。
b0169123_0455323.jpg

b0169123_0462220.jpg

b0169123_0463536.jpg

b0169123_0464250.jpg

「川の源流」と意味されるクバール・スピアン遺跡へ。
b0169123_0465163.jpg

b0169123_0465818.jpg

b0169123_047387.jpg

b0169123_047853.jpg

b0169123_0471756.jpg

b0169123_0472948.jpg

秘境と呼ぶにふさわしい、平原だらけのカンボジアにある貴重な水源。

ヴィシュヌ、ラクシュミー、シヴァ、
ガンジス川に例えられて作られたこの遺跡、滝のふもとまで降りられ、
シェムリアップの中でも特別な聖地として十分なパワーを充電してきました。
[PR]

by oceandancer | 2013-08-13 00:37 | 旅遊び


<< 芸術の遺跡、そしてハプニング?      タ・プローム。 >>