SHIP OF FOOLS

kitakyusyu.exblog.jp
ブログトップ

2010年 09月 12日 ( 1 )


2010年 09月 12日

宗教の強さ

コルカタの名前の由来となっているカーリー女神寺院へ見学に行きました。

女神様のご神仏にあやかりたい熱心なヒンドゥー教徒に押され、足踏まれ、怒鳴られ、
ヘトヘトになって寺院を後にする。

最後には、女神様に捧げる為、子ヤギを生贄とする儀式。
何をするのかと思えば、当たり前のように参拝者の前で生きたヤギの首を真っ二つに。

いいようのない衝撃を受けた僕ら日本人。

僕らからしてみればただの「公開処刑」。信じられない。
こんなの一刻も早く廃止して欲しい。

しかしヒンドゥー教徒はその聖なるヤギの肉をもらい受けようと必死。
彼らは女神様に捧げる事を「グッドカルマ」と信じ込んでいる。

宗教の信じる気持ち。仏教徒でありながらほぼ無宗教の日本人にはわかるはずがありません。

そしてそれに対して何も言えないことも事実。

こんなにも宗教というのは人を信じ込ませるものなのか??

一日中、あの光景が頭を離れませんでした。
[PR]

by oceandancer | 2010-09-12 14:45 | 旅遊び