カテゴリ:旅遊び( 292 )


2012年 08月 18日

イビサ島到着!そして金庫事件2012。

午前中、荷物をまとめ、ブログを更新し、ホテルのチェックアウトへ。
又バルセロナに戻るつもりなので、
置いていける荷物を預かってもらえるか?と

お世話になったホテル「Room Mate Pau」の素敵なお姉さんに相談。

二つ返事で快く快諾。スペインの方々、かなりやさしい。
本当にお世話になりました。

今回4回目の飛行機なので、目をつぶってでも空港をパスできます笑。
そして飛ぶこと1時間10分。行きたかった「イビサ島」へ到着!




久々にバスターミナルからバックパッカー気分でホテルまで歩き、
なんとか今日のホテル「プチェット」に到着。

早速貴重品を部屋のロッカーに入れた所、電子ロッカーなのに全く反応なし。

電話も繋がらないので、歩いてフロントへ行き、
「ロッカー壊れてるよ?」と相談。
するとホテルマン、「鍵を渡すからそれで閉めて」と鍵を渡してくれた。

なんだ、ただの有料ロッカーだったのか、と部屋に戻り鍵を開けようとするが一向に開かない。
接触が悪そうだったのでロッカーと格闘すること一時間。。

。。。。だめだ、開かない。

結局ロビーまで戻り、「やっぱり開かないよ?」と言うと、
ホテルマンが、部屋まで付いてきてガチャガチャ。。。

。。。。。やっぱり開かない。

今度は工具を持ってきた別のホテルマンがやってきてガチャガチャ。。。。

。。。。。。ぜんぜん開かない!!



結局、二時間位格闘していたが鍵は開かなかった。

部屋を変えてもらおうとしたがあいにく満室。そして結局フロントの奥にある鍵付きの倉庫にしまう事に。

そしてやっとホテルを出た時はなんと八時半!!



。。。。。。。おれらの大切な時間を返せ~~!!



というわけで、イビサを実感したのは日が暮れる寸前でした。
b0169123_17161978.jpg

b0169123_17162863.jpg

ここはサン・アントニ。イビサで二番目に大きい町。
サンセットで有名なこの場所ですが、今日は雲がかかり明日におあずけ。

ソッコーで暗くなりはじめ、ビーチ沿いがガヤガヤなってきた!
b0169123_1719090.jpg

b0169123_1719651.jpg

b0169123_1719131.jpg

b0169123_17191970.jpg

b0169123_1719267.jpg

なんだかタイのパンガン島を思い出す。

それもそのはず、ここ「イビサ島」はインドのゴア、タイのパンガン島とまとめて
「世界三大パーティー聖地」と呼ばれているシーズン中は毎日がお祭り騒ぎの島なのです。

ビーチから吹く心地良い風を感じながら、ビーチ沿いのオープンテラスでパエーリャを食べ、
サングリアのシャンパン版を飲み、なんともブルジョワジーな体験を。
b0169123_1725975.jpg

b0169123_17242376.jpg

出来るかい!!近くでこんなに騒がれちゃ~!!!!

でも、カミサンもカルチャーショックを受けていたみたいで、
メチャメチャ楽しい夜でした。
b0169123_1724378.jpg

そして、眠らない島は朝を迎えていくのでした。
[PR]

by oceandancer | 2012-08-18 16:57 | 旅遊び
2012年 08月 17日

孤高の天才アントニ・ガウディ未完成の作品その3。

b0169123_17384884.jpg

b0169123_17385594.jpg

b0169123_1739342.jpg

b0169123_1739788.jpg

生誕のファサード。
イエスキリストの生まれてからの物語がこの彫刻に込められています。
b0169123_17391555.jpg

b0169123_17391825.jpg

b0169123_17392372.jpg

b0169123_17393088.jpg

受難のファサード。
「こいつはいずれ世界の王になる」とイエスキリストの事を恐れた当時の王が、
キリストを処刑するまでの物語。
悲しげな表情が僕らの心を触れ動かします。

サグラダファミリア、ガウディの名に恥じぬ素晴らしい建築物でした。


放心状態の二人は、
バルセロナには大満足したので、
そろそろ「イビサ」?

HISバルセロナデスクがあると聞いていたのでそこへ行き、
イビサ行きのチケットをGET!しました!!

そして、もう一つ。
サッカークラシコ、
カンプノウ、

FCバルセロナVSレアルマドリード!!

一階席観戦チケットもGET!!!!!!!!!!!!
b0169123_1750399.jpg


もう最高!!の気分!!!


明日からバカンス!
イビサ島へGO!!!
[PR]

by oceandancer | 2012-08-17 17:37 | 旅遊び
2012年 08月 17日

孤高の天才アントニ・ガウディ未完成の作品その2。

夢にまで見た聖堂内部へ突入!!

そこには、僕らの想像を超えた、
人の限界を超えた、
夢の世界が広がっていました!
b0169123_1755548.jpg

b0169123_176094.jpg

b0169123_1761722.jpg

b0169123_1762168.jpg

b0169123_1764160.jpg

b0169123_1771050.jpg

今まで人が創り上げた建築にここまで感動することがあったでしょうか?

耐久性も、自然光を取り入れるデザインも、
すべてが自然のサイクルのように重なり合って、
まるで自然界に溶け込んでいるかのような存在感。

神は地球を作ったとありますが、ガウディは「創造の神」に最も近い存在といっても過言ではないと思います。
そのくらいずば抜けている。

自然光を取り入れた空間には、
それをいかした「光の調和」がそこにはありました。
b0169123_17121635.jpg

b0169123_17122065.jpg

b0169123_17122855.jpg

b0169123_17123584.jpg

b0169123_1712402.jpg

b0169123_17125595.jpg

ステンドガラスを敷き詰めた(まだ未完成)見事な太陽光の光の差し具合も計算しつくされたもの。
中心のシャンデリアみたいなのを作るのにガウディは10年もの歳月を費やしたそうです。

聖堂の中には外の喧騒が嘘のように静まり返った心穏やかな空間が広がっていました。

本当に感動しました。
2026年、ガウディ没後100周年に完成すると言われているサグラダファミリア、
ガウディもさぞかし首を長くして完成を待っているのでしょう。

「魂」の作品。

そして聖堂の外部へ。

続く。
[PR]

by oceandancer | 2012-08-17 16:59 | 旅遊び
2012年 08月 17日

孤高の天才アントニ・ガウディ未完成の作品。

朝の八時、サグラダファミリアの入場口に到着。

前日、ネットでチケットが予約できるという事だったのですが、
なぜかクレジットカードが認証されない。
調べてみると、カードが認証されないトラブルは多々あるらしい。
持っているすべてのカードを認証するのもいやらしいので、早起きをして並ぶことにしました。

九時からチケット販売なのにすでに100メートル近く人がならんでいました。

しかし、二日前に行ったときは一キロ近く並んでいたので、
ポイントは「朝早く並ぶ」事を知りました。こうやってみると、日本人がかなり多い。
さすが我らが日本人!真面目に早起きが得意みたいですね。

一時間並び、ようやく開場。
開場するなりエレベーター(エレベーターチケットを買った人のみ、これがないと塔の中には入れません)に、
乗せられ、上部の塔内部へ。
b0169123_1650965.jpg

b0169123_1648642.jpg

b0169123_16481677.jpg

b0169123_16503251.jpg

b0169123_16502094.jpg

まるで天空のなかにあるようなガウディの作品を見ながら、
人が一人分のスペースしかない階段を下ります。
b0169123_1648069.jpg

バルセロナの町が一望できます、絶景。
b0169123_16482377.jpg

もうすでに長蛇の列!朝並んで良かった!!!
b0169123_16482980.jpg

もはやガウディの凄さにクラクラしながら長い螺旋階段を下ると、遂に聖堂内部に到着です。

続く。
[PR]

by oceandancer | 2012-08-17 16:32 | 旅遊び
2012年 08月 16日

世界遺産3つ目からの。

昨日の話、
ホテルのWi-Fiのパスワードを聞いて、入力したのですが、
なんどやっても繋がらない。

二回電話をかけて、話したのですが、やっぱり繋がらない。

疲れとめんどくさいのであきらめて寝てると、英語がいっさい話せないカミサンが、
「じゃあ、私が言って来る」と、わざわざフロントへ。

新しいパスワードを聞いてきたのだがやっぱり繋がらない。

するとカミサン、「もう一回聞いてくる」。
すぐさまフロントへ行き、今度はホテルマンを部屋まで連れて来た!

ホテルマンが格闘すること5分、結局教えられたパスワードが違っていて、
そしてインターネットが繋がりました。

そんなカミサンの大胆さと行動力に惚れ直しましたよ!!
以上、カミサンの武勇伝でした。



昨日は歩いた疲れとサングリアががっつり効いて二人ともベットに横たわるなり即寝。

スペイン人、食べる量と飲む量、半端ないです!

今日はホテルのチェックアウト、昨日のWi-Fi、フロントの人が言ってる事がわからないまま
使っていたら一日11ユーロの課金がされてた!!
白人の英語は流暢過ぎて、流しで聞いてるとやっぱりそういう事になりました。。

アジアもアメリカもそうだったけど、わからない事はとことん「わからない」と伝えなければ、
知らないうちにそういう事になってたりします。改めて反省。

新しいホテルに行く前に世界遺産三件目、カサ・ミラに行きました。
b0169123_7424682.jpg

b0169123_7425844.jpg

b0169123_743510.jpg

b0169123_743121.jpg

b0169123_7431912.jpg

ここはガウディが手がけたアパート、なんとこの中に人の住居があったのです。
カサ・バトリョの「海」のイメージとは正反対にカサ・ミラは「雪山」をイメージをして作られたそうです。
b0169123_7491168.jpg

b0169123_7491686.jpg

b0169123_7492232.jpg

山の尾根を見立てた曲線だらけの天井。
ガウディはこれに芸術性と機能性と耐久性を持たせて綿密に作ったのではないかと思います。

この高級アパートにまたもや圧倒されました。
みずくんやまっちゃんが大好きな建築だと思います!


そしてショッピングが終わり(カミサンには内緒だが、長かった笑)、
前から行きたかったサン・ジョセップ市場へ。
b0169123_7551855.jpg

b0169123_755235.jpg

b0169123_7553068.jpg

b0169123_755362.jpg

b0169123_7554112.jpg

b0169123_7554917.jpg

ハムや果物、野菜から駄菓子まで!!活気があり、めっちゃ楽しませてもらいました。
さらに歩いていると、
b0169123_759785.jpg

b0169123_7591227.jpg

b0169123_820199.jpg

すごく雰囲気のいい場所に到着。

旧市街のこの場所は、昔からの歴史を感じることができました!

そして夜はバルでサングリアを飲み。撃沈したのは言うまでもありません!!

明日はついにサグラダファミリア!早起きです!!
[PR]

by oceandancer | 2012-08-16 07:22 | 旅遊び
2012年 08月 15日

今日のバルサ、様子がおかしい?

バルセロナ、暑いです。
地中海性気候のこの町は、常に晴れていて、
日差しがジリジリと僕らを照らし上げます。

しかし湿気がほとんどないので日陰や風が吹くとても涼しく、その分幸せを感じます。

今日のバルセロナ、バルセロナと言えばサグラダファミリアですね。

とりあえずホテルを出てサグラダファミリアに向かってみたのですが、
何かか昨日と違う。

服屋、商店がほとんど開いてない。

観光地の人だかりがとにかくすごく、サグラダファミリアに入るまでに見た感じ一キロは!?
並ばないと入れない状態。
昨日のカサバトリョも倍以上の人の多さ。

サグラダファミリアはインターネットでチケットが手配できる事を事前に調べていたので、
今日は断念。

ガウディ作の「グエル公園」へ行ってきました。
b0169123_161911100.jpg

b0169123_16202468.jpg

b0169123_16203137.jpg

b0169123_16203927.jpg

b0169123_16204653.jpg

b0169123_16205525.jpg

b0169123_1621397.jpg

ガウディのスポンサーの大富豪グエルさんが、
丘の上の住宅街を作ろうとガウディに依頼。

ガウディは製作したのはいいが、結局売れた家はたったの二件笑、結局公共公園になってしまったという、
おもしろいエピソードがある場所、規模が半端なかったです。

暑い日ざしの中、作品を見ながら丘を登っていきます。
b0169123_16265263.jpg

丘の上のには心地よい風が流れ、バルサの町を一望できます。
b0169123_16265379.jpg

圧倒的なサグラダファミリアがバルサの町のシンボルです。

ゆっくりと堪能した僕らは、
カタルーニャ広場(カミカミで言えません。。)へ。
b0169123_16325412.jpg

b0169123_1633411.jpg

バルサ最大の市場、サン・ジュセップ市場に行ってみたものの、ここも閉まってる。

「地球の歩き方」で調べた所、今日は「聖母被昇天祭」という祝日でした。
なるほど、これでつじつまがあいました。
朝の花火も、商店が閉まっているのも、観光地の人がめっちゃ多いのも、
バルセロナっ子は皆休みだったからでした。

そして、なにかお祭り騒ぎの臭いが。
b0169123_16355120.jpg

b0169123_16355936.jpg

b0169123_1636789.jpg

今日だけの!?移動遊園地が出来上がっていました。
楽しい~!!バルセロナ最高です!!

そして今日は体力が余ってたので、
b0169123_1638173.jpg

夜のカサ・パトリョ。ここ、めっちゃお気に入りです。かわいい。
b0169123_16391656.jpg

夜のカサ・ミラ。

明日はホテルのチェックアウト、カタルーニャ広場(カミカミです。。)の近くに宿をとり、
ショッピングを楽しもう!!
[PR]

by oceandancer | 2012-08-15 15:37 | 旅遊び
2012年 08月 14日

スペインの洗礼。

バルセロナ、アシャンプラ地区。

ここグラシア通りは超高級ブランドショップが軒を連ねる、高級通りです。

その中心地のホテル、コンデス・デ・バルセローナに二泊宿をとり、
街歩きにアクセスしやすい最高の立地です。

乗り継ぎ時間を入れると24時間、空港のまずい飯と基本大嫌いな機内食で、
おなかがペコペコの僕らは、早速レストランへ。
b0169123_1645854.jpg

b0169123_1651059.jpg

ヨーロッパを肌で感じながらいい感じのオープンテラスがあるところへ。

そして、初めて行く国には必ずといっていいほどの洗礼をあびることになります。
b0169123_165244.jpg

本場のピザ、めっちゃおいしいのだが、量が半端ない!!
パスタも頼んでいたのですが、これも日本の二人前はある量!!

さらに、頑張って平らげたのですが、普通はこの後にデザートを注文する習慣があり、
デザートメニューを持ってこられ。

とんかつ定職を食べた時よりもお腹がパンパン!

スペイン人の食べる量に驚きの洗礼を受けました。

そして、重くなった体を引きずりながらあてもなく散歩。
b0169123_16125169.jpg


バルセロナといえば、ガウディですね。
b0169123_16123757.jpg

b0169123_16131084.jpg

遂に来ましたカサ・バトリョ!!
行って見たかった!!
b0169123_16132298.jpg

b0169123_16133526.jpg

b0169123_16135721.jpg

b0169123_16143947.jpg

b0169123_16145649.jpg

b0169123_1615579.jpg

b0169123_16151495.jpg

b0169123_16152740.jpg

ガウディが「海」をイメージし、ほとんど曲線でつくられたこの民家!?は、
立地、光の入り具合などを緻密に、細かく計算し、
廃材を使い、リフォームを手がけたリサイクル建築物なのです。世界遺産。
b0169123_16153947.jpg

b0169123_1615556.jpg

b0169123_1623223.jpg

b0169123_16235061.jpg

b0169123_16241569.jpg

ゆっくり時間をかけて回ることが出来、ため息の連続でした。
こんな建築物があるなんて!

もはや人が作ったパワースポット。最高でした!!

大満足の二人は、地図を取りに一回ホテルへ戻るんですが、
満足感と満腹感と時差ボケが一気に襲い掛かり、
屋上のバーでピール飲んで少し寝ようということに。

そして目がさめるとなんと深夜一時半、
二人とも6時間一回も目が覚めることがありませんでした爆!!

おそるべし、ガウディ。
おそるべし、レストラン。
おそるべし、時差ボケ。

明日(今日は)早起きして出かけることに決定です。
スペインの洗礼を受けました。そして僕らはスペインに迎え入れられたのです。
[PR]

by oceandancer | 2012-08-14 15:57 | 旅遊び
2012年 08月 13日

スペインはバルセロナ到着。

やっと!?スペインはバルセロナに到着。

飛行機を三回乗り継ぎ、総移動時間18時間でした。

「旅は予定通りにいかない」。は僕の持論ですが、
福岡空港に着くなり早速問題が。

なんと二人で予約しているのにもかかわらず、席が離れ離れという事態に。

長い移動距離なので飛行機で寝るつもりで前日はほとんど寝ていない状態で、
空港の係員にキレ、上司を呼び出してキレ、航空券をとった会社に電話をしてぶちキレてみるが、

答えは、「福岡-広州間はなんとか出来ましたが、それ以降の便はお客様でどうにかして頂くしか。。」
の一点張り。

航空会社と航空券代理店の問題なのに、
なぜ僕がやらなきゃなんないのか?せめて直接電話をかけて交渉してくれてもいいじゃない?
僕が問いただすと、
「規約でできないんで」。

以前もそういうことがありました。誠意っていうものはないのか??


結局、広州-アムステルダム、アムステルダム-バルセロナ間は僕が英語で交渉することに。
そして答えは「ハネムーンでしょ?なんとかしてみる」。そして晴れて隣同士の席をゲットしました。

海外に行くとわかること、
「日本の会社は規約に縛られて、結局何も出来ない」。
ある意味これが一番タチが悪い。
b0169123_10522633.jpg

10年ぶりのアムステルダム・スキポール空港を楽勝で通過し(乗り継ぎのみ)、
b0169123_10524555.jpg

茶色の屋根が映える、バルセロナ到着!!

時差ぼけなのか?頭がぼーっとします。
[PR]

by oceandancer | 2012-08-13 10:50 | 旅遊び
2012年 03月 25日

阿蘇周りの九重へ。

今日もメッチャ天気がいい!

早速阿蘇方面へ!!
b0169123_17105783.jpg


ポカポカ陽気に春の訪れを感じようと思ってましたが、

風が強すぎて。。。さらにその風が冷たくて。。。

リアルに二回吹っ飛ばされました。カメラのフィルターも飛んでいくし汗。
そんな大自然を感じながら。
b0169123_17173237.jpg
b0169123_17174729.jpg
b0169123_17181574.jpg
b0169123_17182382.jpg

久々の「押戸石」のパワースポットぶりも凄かったし、
b0169123_17211626.jpg

「九重連山」はまだまだ冬だし(この後、雪が降りました笑)、
b0169123_17222064.jpg
b0169123_17222755.jpg

産山の「池山水源」も仰天な場所だったし。


この後、わいた温泉で暖まり帰路へつきました。

温泉で癒し&大自然でチャージのナイストリップでした。


そして来年度の目標が僕の中で芽生えてきました。

「イッテQカレンダープロジェクト」個人でやっちゃいます!!

詳細を待て!!
[PR]

by oceandancer | 2012-03-25 17:07 | 旅遊び
2012年 03月 24日

桐乃湯@植木温泉

やっと年度末。
連日深夜までプリント&朝から撮影のハードスケジュールが落ち着きました。

自分へのご褒美も兼ねて、旅館でゆっくりします!

北九州から高速で約二時間、
あっというまに熊本県植木市へ到着です。

旅館泊まりで楽しみなのは温泉と夕食!

なんと今回は専用半露天付きの部屋!!

夕食までにお腹を精一杯へらすため散策へ。
b0169123_16485224.jpg

b0169123_16491929.jpg

「六本松公園」。
今年は桜の開花がかなり遅れめ!
桜の様子はというと、まだまだつぼんだ状態でした。

石で出来た風車、ちゃんと風を受けて回っておりました。
b0169123_16512957.jpg
b0169123_16513867.jpg

「不動岩」。
山のふもとに存在感のある大岩が猛々しくそびえていました。

そこからの夕日が素晴らしかった。
b0169123_16533738.jpg


そして夕食も素晴らしかった!
b0169123_1654261.jpg
b0169123_1654333.jpg

食べきれないほどの量!!熱燗が進みます~!!

そして植木温泉のほんのり硫黄臭のするトロトロの温泉へ!!



大満足!超しあわせ~!!
[PR]

by oceandancer | 2012-03-24 16:42 | 旅遊び