SHIP OF FOOLS

kitakyusyu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:芸術遊び( 6 )


2012年 10月 28日

松元先生へ会いに行ったら。

大自然の力をそのまま頂けるような、
素敵で力強い茶碗に一目惚れし、
購入したいと井筒屋へ行きました。

たった一度だけしかお会いしていない先生から、
なんと結婚祝いとして、

「お皿」と「土鍋」を頂きました!!
b0169123_15251892.jpg

本当にいいんでしょうか?というくらいすごく素敵なお皿と土鍋、
特に「土鍋」。

今度からこれで玄米、白米をおいしく炊き、
茶碗でおいしく頂こうと毎晩の食事がさらに楽しみです。

b0169123_15252250.jpg

先生の器の大きさに感動しました。
いつまでも現役で!!ありがとうございます!!
[PR]

by oceandancer | 2012-10-28 15:23 | 芸術遊び
2012年 04月 06日

今年も桜はサク。

b0169123_22131021.jpg
b0169123_22133250.jpg
b0169123_22135136.jpg

b0169123_22242293.jpg

b0169123_22244236.jpg

八幡東区の某所です。どこだかわかりますか??

桜の量がすごくてメッチャいい所なんですけれど、
なぜかお客が少なくてのんびり出来て好きな場所なんです。

今年も桜は咲く。
[PR]

by oceandancer | 2012-04-06 22:10 | 芸術遊び
2011年 06月 24日

舞踏というダンス(閲覧注意!?)

皆さんは「舞踏」というジャンルをご存じですか?

色々な解釈がありますが、
僕的には、「内なる物を心を開放して表現するダンス」というのが一番しっくり来ます。

本日、マロンちゃんと舞踏アーティストのSheri Brownが北九州にライブに来ました。

b0169123_18591232.jpg
b0169123_18591958.jpg
b0169123_18592379.jpg
b0169123_18593140.jpg
b0169123_18594240.jpg
b0169123_18594979.jpg

b0169123_1902993.jpg
b0169123_1903552.jpg
b0169123_1904360.jpg
b0169123_1904986.jpg

凄かった!!

完全に、「表現」していました。
ダンサー時代の僕とは全く違った考え方で表現をしているなと思いましたね。

シェリの内なる情熱をビシバシと感じていた今夜。

現代アートの一つのツールとして浸透してきたのではないでしょうか。
[PR]

by oceandancer | 2011-06-24 18:24 | 芸術遊び
2011年 01月 10日

オルメカ文明、マヤ暦

いよいよ来年に迫って来た「光のアセンション」。

マヤ文明に代表される天体カレンダー、マヤ暦によると
来年の12月22日に「一つの時代」が終わると言われています。

これについては様々な説が立っていますが、
マヤの暦は、5125年に一周することがわかっています。
「自転」ではなくもっとスケールの大きい「公転」の考え方。

そして、来年は何が起こるか全く分からないのですが、
5125年に一度の事、その「一つの時代」の終焉に立ち会える僕らとして、
b0169123_1871791.jpg

iphoneで撮影

スペースワールド横にある「いのちのたび博物館」オルメカ文明展に行ってきました。

オルメカ文明とは簡単に言ってしまえばマヤ文明の元祖。
紀元前何千年という時代に石を加工して暮らしていた文明がありました。

博物館自体は、昔使われていたであろう壷や、土器、ヒスイで出来た仮面などが展示してある
だけで、マヤ暦については少ししか説明がされていませんでした。


当時の人は、なぜこんなにもスケールの大きい天体カレンダーを作る事が出来たのでしょう?
昔の技術というのはただただ原始的なものだったのか?

謎は数多く残されています。

5125年に一度、地球に近づく惑星から宇宙の発達した文明が教えられていた、
当時、水の中にあったピラミッドの先端を印に宇宙人が着陸していた、
ストーンサークル、ミステリーサークルも宇宙人が着陸するために作られた印、
その宇宙人が「アダム」と「イブ」を作った、
色々な説がある。

といっても5125年という周期は本当みたい。

みなさんは、一年が年々短く感じる事はありますか?
僕は今年もあっという間だったな~と毎年感じるのですが、
これも、全体の時間の流れが日に日に早くなっているという説が有力。

「時代という名の流れる川」に僕らは乗っている。
そして今、その川が「次の時代という滝」に近づいている。
滝に近づくと、だんだんと流れが速くなっていく。

そうして、僕らが感じる時間がどんどん速くなっていっているそうです。

不思議なロマンだな~。


実際何が起こるのか見当がつきませんが、
意識を高く持って、精一杯生きて行くのがどうやら
「ノアの箱舟」にのる事が出来る方法みたいです。

b0169123_1831955.jpg

iphoneで撮影

気持ちだけタイムスリップしてきました。
[PR]

by oceandancer | 2011-01-10 13:03 | 芸術遊び
2010年 04月 08日

EF24mm F1.4L II USM

つ、ついに、、、

b0169123_1927975.jpg


届きました、EF24mm F1.4L II USM!!

キャノンの評判が高い単焦点EF-Lレンズですよ。値段も高いですけどね。。

思い切って購入しちゃいました。

絞りF1.4という驚異的な明るさ、キャノンシリーズ最高峰の画質で人気なのか生産本数が少ないのか、どこに問い合わせてもお取り寄せ、中には「入荷未定」。

大手カメラ販売店に大概問い合わせたに、手に入れた所は「キタムラ折尾店」。

灯台もと暮らしとはこの事です。

クラブスナップ用に明るい広角が欲しかったので、明るさという点では期待通り。

中には広角過ぎてポートレートに向いてないという話を聞いていたが、自分ではポートレート用としても、風景写真としても丁度いい焦点距離。

まあでも、三脚とこのレンズの組み合わせが最強なのでしょう。絞り込んで撮影した時、凄まじいポテンシャルを感じさせてくれ!!

長いことお世話になります。よろしくな!!
[PR]

by oceandancer | 2010-04-08 19:24 | 芸術遊び
2009年 04月 19日

バガボンド

スラムダンク・リアルでおなじみの井上雄彦さんの絵画展に熊本へ行ってきました。

b0169123_1934123.jpg


「一コマが一つの絵画として完成している」

まさにその通りで、大小様々な井上雄彦の作品が独特の展示方法で飾られていた。

彼はバガボンドの途中から、ほとんど筆と墨で作品を仕上げ、

昔の自然、街並みが見事なほど緻密なタッチで風景を手掛けている。

b0169123_19365561.jpg


いつもマンガで読んでいてもすごい迫力なのに、自分より大きい作品に生の彼の「魂」が

ハッキリ見えます。マンガの世界にもいるんだな、こういう人。

バガボンドファンなら行くべし!!しかもカップル率高し!!


そして忙しくも漫画展を見終わりすぐ帰宅。このあとサッカーなのよね。。

帰ります。

b0169123_19402946.jpg


アートの世界に触れたからか?イマジネーションがシンクロしたのか??

b0169123_19413312.jpg


熊本おもしろい街です。初めて高速週末1000円をフル活用させてもらいました。

これは正しい使い方ね。
[PR]

by oceandancer | 2009-04-19 19:24 | 芸術遊び