<   2010年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 30日

疲れが。。

溜まったのでもう一泊延泊しようと思います。

銀行寄って本屋にでも行こ。明日はどこに行こうかな?北上しかないかな??

ウダウダ考えてみるのも旅の醍醐味みたい。
[PR]

by oceandancer | 2010-04-30 14:36 | 旅遊び
2010年 04月 29日

山岳民族の現実

カレン族もラフ族もみんないい人達ばかりなのに。

難民が多い族社会は、法律にも守られていない。
カレンの村は比較的、裕福に生きているけれど、ここラフの村は、かなり貧しい生活を強いられている。
男性は平均5人の女性と結婚、とても子供が多い。
驚いたのはそれだけでなく、お金が無さ過ぎて、子供を売って生活しているというのだ。
その値段3000B。。売られた子供は??考えただけでぞっとする。悲しい現実。

この難民の人達は、家族に会いにミャンマーやラオスにいけない。国籍が無いからだ。
山あいから国境を越えたとしても見つかれば問答無用に銃殺される。
こういう差別問題は少しは知っていたが、やはり現実に直面してみると、深く考えてしまう。

みんないい人達ばかりなのに。

色々な思いがあった山での生活終了です。
全身筋肉痛です。

この子達の笑顔を絶やさない為に何か出来るだろうか。
[PR]

by oceandancer | 2010-04-29 14:26 | 旅遊び
2010年 04月 28日

ラフtoラフ

b0169123_14114246.jpg

ラフティングと、

b0169123_14125670.jpg

ゾウと、

ラフの村までアドベンチャーだぜ!!

b0169123_1415731.jpg

そして夜は、パーチーだぜ!!

この日、私は人生至上、初のファーストインセクト。

インセクト=セミ。おわかりですね??

大田とラフが出会った~
[PR]

by oceandancer | 2010-04-28 14:08 | 旅遊び
2010年 04月 27日

カレンな一日

4/27 カレンな一日
lekの知り合いのBOONのガイドのもと、二泊三日のトレッキングへ。

b0169123_135953.jpg

カレン族出身の力持ち。
ナタと投げ網で暮らしていけるナイスガイ。
「サカナ、オイシイ」と川魚を取って夜は揚げるそうです。

b0169123_1401749.jpg

4、5時間分かれ道の多い迷路みたいな山道を歩き続け、

b0169123_1412653.jpg

カレンの村です。BOONの妹の家に泊まります。
この村、村の中のモノだけですべてまかなえる生活をしておりました。

b0169123_1422674.jpg

b0169123_1434642.jpg

高床式の下には牛、鶏、豚、犬、川には魚、強烈な太陽でよく育つ米や野菜。

ソーラーシステムで夜の電灯を着ける。

あのお家には無駄なものが何一つありません。
水道も電気も通ってないこの村の人たちは、穏やかで人なつっこい人たちばかりでした。

b0169123_1443215.jpg

b0169123_1451178.jpg

b0169123_145471.jpg


もうすぐ開催される虹の岬祭りを思い出すなあ~
[PR]

by oceandancer | 2010-04-27 13:55 | 旅遊び
2010年 04月 26日

テンプル観光

BEN GUEST HOUSEのLEKに連れられ、一日観光。

完全に英語の先生となったイレニアと一緒に有名なお寺に連れて行ってもらいました。

b0169123_2359332.jpg

b0169123_00369.jpg

ワット パタート ドイ ステープ(すぐ忘れる``)

b0169123_013153.jpg

b0169123_023075.jpg

b0169123_045237.jpg

ナイスチルドレン達。

b0169123_054627.jpg

傘職人。

そして夜はゲストハウスで一杯(タイウィスキー3本あいたけど)
どこに行っても英語は話せるようになっていたほうが深い話もできるし、便利だなと
実感しました。勉強せねば。

ここで現地情報。
タイの人々はほとんどタクシンさんが大好きらしいです。
タクシンさんの話になると目をキラキラ輝かせながら「タクシンさんは全てすばらしい」と話します。日本とはえらい違いですね。

明日はトライブ達に会いに行こう。ということで明日から三日間連絡できましぇん~!
[PR]

by oceandancer | 2010-04-26 23:56 | 旅遊び
2010年 04月 25日

仲間

同じゲストハウスに泊まっていたイタリーのイレニアと一日共にすることに決めました。

このイタリーマダム、一年間、アフリカからインド、ミャンマー、
などかなり長いこと旅を続けているツワモノでした。

インドのサドゥーの(ヒゲが腰まであったり、もはや地球人じゃない物まで)
写真をみせてもらったり、色々な面白い所を教えてもらったりで、いい時間が過ごせました。

拙い英語でごめんね。ゆっくり聞いてくれてありがと。

b0169123_23492381.jpg

タイガー!!!

b0169123_23501287.jpg

おれも!!!

b0169123_2351533.jpg

至近距離!!!

b0169123_2353256.jpg

b0169123_23541795.jpg

サンデーマーケットの味のある方々。

b0169123_2355425.jpg

松原 耕(親戚)ここにいたのか。
[PR]

by oceandancer | 2010-04-25 23:46 | 旅遊び
2010年 04月 24日

IN チェンマイ

朝5:30着です。体がベトベトです。

旅先、特に電車や列車を使う旅は荷物の重さが日に日にきつく感じるんですよね。
泊まる場所を先に決めておいて、そこに鍵をかけて荷物を置く。そしてサブバックで探索する方が、
いちいちバックパックに気を使わなくて済みますね。

今日も怒涛の一日、

チェンマイ到着後、

b0169123_23314875.jpg

良く使っているトゥクトゥク。

b0169123_23325716.jpg

このウサンクサイおっちゃんは日本人の妻がいるそうで、よーく話をきいてみると、
なんとタイボクシング3冠王だという。日本語も結構うまい。世田谷に住んでいた。

奥さんに合わせたいというので、
チェンマイ郊外にある製品工場(といっても機械はない。すべてハンドメイド)
に一緒に行こうと行ってきたので、タダならいいよと乗せてもらうことにした。

「バカ、オンナ、ブタ」を連呼していたおっちゃんと楽しく話し、いざ着いた所は宝石工場。
やっぱね。といいながら宝石のできるまでのDVDを上映された後、マジ高い宝石を見せ付けられ、
「いや、マジでそんなお金ないし」と断った後、じゃあ安いところあるよとインド雑貨屋へ。

b0169123_23343186.jpg

ここはめっちゃいい感じ。

b0169123_23351257.jpg

繊細に筆で書いていました。

b0169123_23364337.jpg

チェス!?

b0169123_23372741.jpg

インド気になる~!!

帰り際、「ガソリン入れるけ100B頂戴」。。。もうあげましたよ。楽しんだけね。
結局、トランクの中にチャンピォンベルトもあったけど、
おっちゃんの言っている事が本当かどうか全くわかりませんでした。

b0169123_2339130.jpg

BNE発見です。

b0169123_23395053.jpg

ナイトバザールのおばちゃん。日本人みたいでしょ?
[PR]

by oceandancer | 2010-04-24 23:27 | 旅遊び
2010年 04月 23日

チェンマイへ寝台の旅

ロッブリーの街を午前中探索した後、列車の駅に向かい、

北部のチェンマイという街にとりあえず降りる事を決めました。


昨日の宿は日本でいう普通のビジネスホテル、

シャワーも洋式便所もすべて一つの部屋にまとまって便利です。


値段は昨日の2.5倍の250B、昨日に比べると多少値が張るがそれでも日本円で650円。

ただ初日のカオサンが安すぎたのだけだと思うけど。。。安い。。。


タイにいるのと日本にいるのじゃ金銭感覚が大分違ってきますね。


トゥクトゥクのおっちゃんに交渉したらわずか徒歩5分の距離を「100B」と。ふざけんな!

と歩いて行きました。タイ人はとにかくふっかけて来る事に逆に相場が解る事をしりました。


今はチェンマイに行く寝台列車。一番安い寝台に乗ったのだが、入るや否や、乗車率200パーセント!

重たいバックパックを荷物置き場に置けず全く身動きとれず。え、寝台じゃないの?間違えたの??

車掌さんに片言の英語で話をしてみると、「コッチコッチ」と奥の方へ。

JRより狭い座席が一つ、向かいには親子連れが座っている。

ここで寝るの??これが寝台?ここで12時間寝なくちゃいけないの???半分あきらめていると、

車掌さん「どいて」。


謎が解けました。ようはソファーベッドの感覚。今座っていた座席を丁寧にたたんでマットを引く、

それが下段、そう、上段もありました。原始的効率的。

今は太陽が落ち、だんだん涼しくなってきました。明日は5:30到着。

週末はナイトバザールでお祭り騒ぎになるといいね!!


b0169123_23242054.jpg

加賀まり子???
[PR]

by oceandancer | 2010-04-23 00:12 | 旅遊び
2010年 04月 22日

遺跡の歩き方。

今タイのバンコクから列車で3時間の所にある、ロッブリー(違ったかな?) にいます。

バンコクのカオサンに着いた時にはヘトヘトでした。

いつも海外に行けば一日が移動で終わってしまうのですが、

こんかいもカオサンを往復して終わってしまいました。。

それにしても物価の安いこと安いこと!

機能は一泊100バーツの安宿に止まりました。

ビールはろてんで50バーツ・コンビニは勿論もっと安いです。

チキンが載ったほどよい辛さのタイカレーは30バーツ.ちなみに、くうこうで両替したときは1バーツ2,4でした。

日本と比べると比べものになりません。

そして極めつけは電車代。

3時間走って28バーツですよ!!

カオサンを往復したのですが何か欧米人ばっかしであんまり雰囲気がつかめなかったので、
アジアの雰囲気を早く体感したいんで、少しばかり北上しました。

その遺跡の神々しさには感動しました。

ここのネットショップはタイ語しかナイので、変換超面倒臭いからまた写真は後程で。

カタコトですいません。。

とりあえず元気にやってます。 サワディーカップ!!
[PR]

by oceandancer | 2010-04-22 19:08 | 旅遊び
2010年 04月 21日

bankoku

toutyakusimasita.

b0169123_1913030.jpg


nihonngono FONTganainode suimasenn

toriaezu gennkide yattemasuyo-
[PR]

by oceandancer | 2010-04-21 18:58 | 旅遊び