SHIP OF FOOLS

kitakyusyu.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 10日

アンコールチケット三日目

シェムからトゥクトゥクで二時間、かなり遠い遺跡、ベンメリアへ。
b0169123_1753059.jpg

b0169123_1724840.jpg

ラピュタのモデルとなった遺跡ですね。森の中にあり、一回も改修されていない遺跡、アンコールワットとは違った神々しさを感じます。
b0169123_1763561.jpg

b0169123_1791036.jpg

優秀な子供ガイド、一ドル50セントで案内してもらいました。
ただ木で出来た観光客用廊下を歩くだけではわからない発見がそこにはありました。この子達、英語も話せるし、日本語も話せる。遺跡の住人みたいな感じでドラマチックな出会いでした。

b0169123_17131677.jpg

b0169123_17141439.jpg
b0169123_17152523.jpg

第一回廊好きとしてはたまらない場所です。

b0169123_17165285.jpg

b0169123_17175470.jpg

この後、最後のチケットでロリュオス遺跡群へ。
b0169123_17184890.jpg


b0169123_17225944.jpg

b0169123_1721241.jpg

光線悪し。心のシャッターをそっと押しておきました。
[PR]

by oceandancer | 2010-06-10 16:59 | 旅遊び
2010年 06月 09日

本当の中休み

今日こそ本当の中休み。
昨日のチャリで筋肉痛、くそー今まであの距離なら楽勝で行けてたのに。
毎日乗らないとなまってしまうなコリャ。

とにかくスタミナをつけに、
b0169123_16402156.jpg

コリアン焼肉!焼肉一人前とビビンパしか頼んでいないのにこの量。

カンボジアは日本、中国、韓国人の観光客が群を抜いて多く、多国籍料理屋がたくさんあるのも一つの魅力。

このあと、日本でいうカラオケBOXを発見、にんにく臭い二人でブルーハーツとH jungle with Tを熱唱したのはいうまでもありません。お見苦しいので写真はかんべんしてください。
[PR]

by oceandancer | 2010-06-09 16:36 | 旅遊び
2010年 06月 08日

中休み、ところが。。

連日の日差しでのぼせた状態なので、今日は街ぶらチャリで。

b0169123_16233312.jpg

市場の甘味処。甘いがヘルシーで夏バテには最高の寒天スイーツ。カキ氷が上に乗ってて一杯2000リエル。おいしゅうございます。

早くも街ブラ終わってしまったのでトンレサップ湖にツーリング。
これがかなり遠く、着いたのは夕方前、

b0169123_16265250.jpg
b0169123_1627396.jpg

この後、めちゃめちゃ雨が降り出し、展望台に取り残されてしまいました。
周りには見渡す限り平原しかなく、カミナリまでなる始末。
正直死ぬかと思いました。

運よく暗くなる前に雨がやみ、なんとか無事帰還。

中休みのはずが、一番疲れた日となりました。

平原では、穏やかなはずの天気がくずれると一転、自然がキバを向いて襲い掛かってきます。
お天気には注意しましょう。(ボクがです)
[PR]

by oceandancer | 2010-06-08 16:20 | 旅遊び
2010年 06月 07日

アンコールチケット二日目

トゥクツゥクもっと安くで回れたので、一日15ドルでチャーター。(もっと安くで行った人もたくさんいます)

今日も色々な遺跡へ。

b0169123_15571755.jpg
b0169123_15583325.jpg
b0169123_15593542.jpg
b0169123_1631531.jpg
b0169123_1643567.jpg

b0169123_16102129.jpg
b0169123_16115760.jpg

b0169123_1613244.jpg

b0169123_1614713.jpg


カンボジアの子供かわいすぎる!!
今夜はBKKから一緒に相乗りしていたこうた君(21)と再開、アンコールビールがとてつもなく開きました。どうやら東南アジア、ビールっ腹になるには最高の環境なのでは?

おまけ
b0169123_1657879.jpg
b0169123_16575920.jpg

[PR]

by oceandancer | 2010-06-07 15:53 | 旅遊び
2010年 06月 06日

アンコールチケット一日目

3日券(US40ドル!!)購入。初日は、
b0169123_1581667.jpg

b0169123_1510423.jpg
b0169123_15154076.jpg
b0169123_1517527.jpg
b0169123_15193767.jpg
b0169123_1533135.jpg
b0169123_153735100.jpg
b0169123_15382495.jpg
b0169123_15393364.jpg
b0169123_1540356.jpg
b0169123_15413873.jpg
b0169123_15424712.jpg
b0169123_15433587.jpg


アンコールワットもさることながら、バイヨンすごかったです。
遺跡を歩く方、大量のお水を持っていくように、暑さでぶっ倒れそうになりますよ~。
ひたすら寄ってくる物売りの少女達から2000リエルまで値切れます。

遺跡の写真っというのは難しいですね、光の条件が悪かったので全体像は撮りませんでした。
朝日も乾季の内に来ると見やすいですよ。
[PR]

by oceandancer | 2010-06-06 14:35 | 旅遊び
2010年 06月 05日

そしてカンボジアへ。

やっと調子戻ってきたのでりゅうさんの休みもあとわずかだし、カンボジアに行くことに。

嫌いな国境でのぼったくり合戦をドロドロしくかわし、

シェムリアップ到着。やっと体が付いて来てくれるようになりました。長かった~。

こちらは見渡す限りずぅ~っと平原がつづいております。雨が多いぜカンボジア!!

b0169123_2158627.jpg

b0169123_2203318.jpg

b0169123_2215318.jpg

「おにいさん、安いよ」ほぼみんな話せます。
[PR]

by oceandancer | 2010-06-05 21:53 | 旅遊び
2010年 06月 04日

Crazy Dogs

りゅうさんかまれた!!

お寺の中を散策していると、強そうな犬が3匹。メッチャ吠え出してきた。

次の瞬間、りゅうさんかまれました。これはCRAZY DOGS。

すぐ病院に連れて行き、注射と消毒。狂犬病の追加摂取は回数が多く、あと何回か注射しなくてはいけない事になります。

明日はわが身、かまれた時は迷わず病院へ。発祥すると死亡率100パーセントの恐ろしい病気です。
[PR]

by oceandancer | 2010-06-04 22:05 | 旅遊び
2010年 06月 04日

カオサン療養生活

リハビリ生活一日目。

昨日の夜のうなされからやっと開放。ジェームスの薬が効いてるのかな?

長いこと食欲が無かったので体を慣れさせるため、少しずつ散歩とメシです。

しかしたどり着いたのはラーメン。こういう時、さっぱりとした日本食が食べたくなるんだよな~。

b0169123_21493145.jpg

カオサン10Bラーメン。うまいんだけど今はチョット。。
[PR]

by oceandancer | 2010-06-04 21:44 | 旅遊び
2010年 06月 03日

ツーリストポリスへの道のり

朝午前5時。カオサンに到着。

体調が回復する訳も無く、ジェームスの宿泊場所、peachey GHへ。
しかし寝る事ができない、これからツーリストポリスへ行かねば。

カオサンロードの隣にある警察署へ聞くと、バスで30分の所にあるんで、そこに行きなさい。と。
こちらでやってくださいよ~。

途中、暇なタイ人から何人にも話しかけられ、メチャメチャ無駄な寄り道させられたり、封鎖が解除された商業街近くの渋滞がひどかったりで、やっと着いたのが昼の2時。

やっとのことで盗難証明書をかいてもらい、やっと一件落着。

しかし、この二日間のことで、タイ人がなんか信用出来なくなっって来ちゃった僕です。

もちろんこの日も熱が下がることなく、逆に上がってしまい、散々な感じです。

ジェームスにもらった薬で元気になることを祈るばかりです。
[PR]

by oceandancer | 2010-06-03 21:30 | 旅遊び
2010年 06月 02日

サムイ事件2010

まだ熱が冷めてない。。。このままではらちがあかないのでBKKへ出発することにしました。

スラタニ行きのフェリーとスラタニ=バンコク間のバスチケットをブッキングしてもらい、バスの荷物入れにバックパックを放り込まれ、フェリーの車庫へそのまま直行。

フェリーでタイ本土へ着き、そのままバスでスラタニへ。

スラタニで新しいバスに乗り換える為、食事タイム。

ふと気付いた、バックパックの形がおかしい、開けてみると荷物のしまった場所が微妙にちがう。
ちゃんと鍵をかけてあるのに。

バックの上蓋に入っていた日本円の入っている封筒を開けてみると、一万円札だけがきれいにない。

盗まれた!!

良く見るとカメラバックの場所も、服の場所も移動している、明らかに物色された形跡があった。
しかし、もうバスも、乗り組みのタイ人もいない。

ツアーの案内人がいたのでその人にその話そすると、
「今から警察が来てくれるから心配するな。ノープロブレム。」
と、初めは頼もしかったのだが、警察は一向に来ない。

何回も尋ねているうちに、バンコク行きのバスが到着。

「保険はいっているか?はいっているならここに電話しろ。」
とツーリストポリスの番号をくれました。

結局自分でしろってことなのかよ!!

熱と怒りでもうヘロヘロです。

何が一番ムカつくかというと同じ上蓋の中に入れておいたダミー一万円札を、丁寧に抜いた一万円札の枚数分、封筒に入れられていた事。あ~~~~~~!!

ちなみにりゅうさんも、先に帰ったむっちゃんもやられていました。
みんな鍵をかけていました。

サムイ=スラタニ間の移動、フェリーを考えている方、くれぐれもご注意を。

b0169123_21252398.jpg

日本産のフェリーの中で盗まれました。それもムカつく。
[PR]

by oceandancer | 2010-06-02 20:57 | 旅遊び